ホーム » 13_ボディーレストア

13_ボディーレストア

製造から約30年経過したハチロクの腐食を補修し、

今後長く維持できる車体にします。

 

ホワイトボディー(カーメーカー製作工程の塗装完了後の状態)まで分解し、

腐食の補修を行い再塗装を行います。

塗装部位はエンジンルーム、トランクスペース、室内をオプションで

指定できます。

また床裏のアンダーコートもオプション対応いたします。

13_ホワイトボディー_01 13_ホワイトボディー_02

レストアしたボディーが良好なコンディションを長期にわたり維持できるよう、

浸透性の高い高性能防錆ワックスをボディーの内部の隅々まで施工します。

防錆ワックスは、塩害の厳しい北欧を中心とした欧州車に施工される防錆方法で、

国産の新型車にも採用は少なく、錆の発生を抑え、発生しても進行を遅らせることが

可能です。

013_防錆施工

ボディー補強(オプション)

ボディー補強(スポット増し)により低下したボディー剛性を新車以上に向上し、

走行安定性能と乗り心地を確保します。

013_スポット増し_001 013_スポット増し_002

軽量化(オプション)

フロア・ダッシュパネルにに張られた制振材(アスファルトシート)や

遮音材(インシュレータ)を取り除くことで、約20kgの軽量化が可能です。

013_軽量化_001

制振材と遮音材を取り除くことにより低下した静粛性能を、軽量高性能の

吸音材(約4kg)施工することによりノーマル車両同等の静粛性を確保します。

また高性能吸音材は断熱性も高いため、天井やフロアの排気管周りに施工する

ことによりエアコン負荷を軽減できるためより快適なコクピットを手に

入れることができます。

013_軽量化_002

ボディーレストアは、ベース車両の状態やプランにより料金が大きく変動します。

お気軽にお問い合わせください。